「~まで」の “by” と “until”の違い、そして“till” と “before”

英語には似たような意味の単語があるので、どの単語を使えばいいのか迷うこともよくあります。
英語覚えるには日本語に訳さないでイメージで覚えましょう!とよく言われますが、この“by” と “until”の使い分けはまさにイメージで使い分けるのがいいと思います。
これに関連している“till” と “before”もみていきましょう!

“by”のイメージ

by のイメージは、ある時点までのピンポイントの「まで」になります。

I will be here by 7 pm.
7時までにここにいますね。

⇒ 7時までのどこかピンポイントの時間にここに来ているというイメージですね。

Could you call her by tomorrow?
明日までに彼女に電話してね。

⇒ 明日になるまでのどこかで電話をしてというイメージ。

I have to finish my homework by Monday.
月曜日までに宿題終わらせなきゃ。

⇒ 月曜日までのどこかで宿題を終わらせるイメージ。

“until”のイメージ

until のイメージは、その時点まで続いている「まで」になります。

I will be here until 7 pm.
7時までここにいますね。

⇒ 何時からかはわからないですが、7時までずっとそこにいるというイメージですよね。

I don’t have my car until July 4th.
7月4日まで車がないの。

⇒ 今もないですが、7月4日まで車がずっとないイメージ。

He won’t be back until the end of August.
8月末まで帰ってこないよ。

⇒ 8月末まではずっと帰ってこないイメージですね。

比べてみるとわかるように・・・

by も until も「~まで」と思って日本語に訳している方も多いのですが、実際は

by は「~までに」

until は「~まで」

となっているのです。

「~までに」というピンポイントのイメージの by

「~まで」というその時点まで続いているイメージの until 

で使い分けていきましょう!

by と before

by と before は、イメージとしては同じで、ある時点までのピンポイントになりますが、

before の方がある時点より、もっと前のイメージです。

Can you bring it before 7 pm?
Can you bring it by 7 pm?

どちらの文章も7時までに持ってきてくれる?という意味ですが、

before の方が、7時よりもっと前に持ってきてほしいイメージです。

until と till

until と till は全く同じイメージで、その時点まで続いているイメージです。

I won’t leave school until the students come back.
I won’t leave school till the students come back.

どちらも生徒さんが帰ってくるまでスクールにいますという意味ですが、

どちらかというと、till の方が口語的になります。

英会話を習っていると、こういう時はこの言い方なんだと自然とイメージもついてきますので、楽しみながら続けていきましょう!

Follow me!

ラ・ガーデイア英会話スクールには!

東京都:福生、昭島、立川、羽村、青梅、あきる野、瑞穂、八王子、日野、国立、国分寺、小平、東大和、武蔵村山、町田、東久留米、多摩、東村山、23区内

埼玉県:入間、狭山、飯能、所沢、日高、鶴ヶ島、川越、坂戸 etc

様々な地域から通っていただいております。
英会話がはじめて、初心者の方からもたくさん通っていただいています。