英語が聞き取れなかった時、わからなかった時に使える簡単フレーズ

  • 全く言っていることがわからなかった時
  • 相手の言っている事がわからなかった時
  • 単語の意味がわからなかった時
  • よく聞く間違っている言い方

シチュエーションによって使う英語も違ってきますので、順番に見ていきましょう!

全く言っていることがわからなかった時

初心者の方は特にそうですが、英語でバーッと話されたら、ポカーンとなってしまいますよね。

I don’t understand. (わからない!)

と言っても大丈夫ですが、

Sorry!

と言ってみると、もう一度言ってくれます。

Could you say that again? (もう一回言ってください。)

Can you repeat that, please? (繰り返し言ってください。)

と自分から聞いてみるのもいいですね。

周りがうるさくて、聞こえなかった時は

What did you say? (何て言ったの?)

と聞いて、もう一度言ってもらいましょう。

相手の言っている事がわからなかった時

日本語でもそうですが、相手の言っている意味がわからなくて、

「ん?どういう意味?」

と聞きたいときは、

What do you mean?

と言います。

日本語でも同じですが、言い方によって伝わり方も変わってきてしまいます。

What do you mean? の What を強調して、

ワッ ドゥ ユ ミーン?

これだと、ちょっと怒った感じの「どういう意味?」になります。

それに対して、

What do you mean? の 語尾を上げるような感じで、

ワッ ドゥ ユ ミーン?⤴⤴⤴ 

これだと、「えっ、どういう意味かな~?」と優しく聞こえます。

単語の意味がわからなかった時

単語の意味や、何か特定したものの意味が分からないときは

What does ○○ mean?

を使いましょう!

What does prohibit mean? prohibitってどういう意味?

海外の方からも

What does O-Mo-Te-Na-Shi mean? なんて聞かれることもあるかもですよ。

英語教材などを見ながら、指さして

What does it mean?

What does this word mean?

と単語の意味なども聞けます。

よく聞く間違っている言い方

単語の意味や、相手の言っていることがわからないときに

What’s mean? 

と言っている方も、よく見かけます。

話の流れで会話はできていますが、実際は間違いです。


英会話は、英語でコミュニケーションをまずとることなので、初心者の方は間違っていても伝われば良いと思いますが、英語を話す環境に行ってシチュエーションによって使い分けられるようになればいいですね。

Follow me!

ラ・ガーデイア英会話スクールには!

東京都:福生、昭島、立川、羽村、青梅、あきる野、瑞穂、八王子、日野、国立、国分寺、小平、東大和、武蔵村山、町田、東久留米、多摩、東村山、23区内

埼玉県:入間、狭山、飯能、所沢、日高、鶴ヶ島、川越、坂戸 etc

様々な地域から通っていただいております。
英会話がはじめて、初心者の方からもたくさん通っていただいています。