米軍基地で英会話

米軍基地での英会話レッスンとは?

一言で言うと、「アメリカで英会話レッスン」になるのでしょうか?

「横田基地というアメリカの街」に行って英会話のレッスンを受ける感じです。
基地の中には教室はなく、先生の自宅でレッスンしたり、フードコートやコミュニティーセンターなど雰囲気を変えてのレッスンもできます。
天気の良い晴れた日には、一面芝生の公園で青空レッスンなんかも楽しいです。

テキストでのレッスンはもちろん、ショッピングセンターに行き、ほんとの日常会話を体験してみたり、
アメリカ人先生達が普段食べているアメリカンな料理を一緒に作るクッキングレッスン。

テキストで習ったオーダーの仕方を、基地の中にある実際のレストランで使ってみるなど、実践的なレッスン。
アメリカ人が遊ぶゲームをしながら、普段アメリカ人が使う英語を学びます。

色々な事を体験しながら「インプット」と「アウトプット」を繰り返し、英会話を習得していきます。

一般の方は通常入れないところで、パスポートなどの身分証を提示して入場許可証を発行してもらい、中にはいるという
まさに、「横田基地というアメリカの街に行っての英会話レッスン」で特別感を味わいながらの英会話レッスンになります。

一般的な英会話スクールとの違いは?

ラ・ガーディア英会話スクールと一般的な英会話スクールの違いと言えば、まず雰囲気ですね。

先生の家は、まさにアメリカの家です。

先生達から言わせると、基地の家は狭い!なんて言われる方もいますが、日本の家と比べると広いです。
キッチンにしてもカウンタ―キッチンになっていて、調理をする場所が広い!
調理器具もすべてアメリカ製なので、見るものすべてが大きくて違いを感じますね。
食洗器も大きな鍋なども入るくらいに大きなサイズのものが備え付けてあります。

先生宅にはソファーは必ずと言っていいほど置いてあります。
そのサイズはというと、やっぱり大きいですよね。
このソファーに寄りかかりながら、目の前にはこれまた大きなテレビがあり、先生が出してくれる飲み物のコップが大きく、飲み物も甘かったりと。
この様な環境でのレッスンは一般的な英会話スクールではやっぱり味わえないところです。

また、先生の家は匂いが違います。
食べ物の匂いなのか、洗濯物や柔軟剤の香りなのか、キャンドルや香水の香りなのか、ドアを開けた瞬間から違いを感じる家が多いです。

英語を話す時は緊張する生徒さんが多いので、飲み物やスナックを出してくれる先生も多いです。
この飲み物は日本では売っていなようなアメリカの物だったり、スナックやクッキーなどもアメリカの味です。

こんなところでの英会話レッスンなので、やっぱり雰囲気が一番違いますね。

毎週、アメリカに行きながら英会話が学べる環境になるので、海外旅行が好きな方、留学に行きたい方、海外の文化に触れてみたい方には最高の場所になると思います。

米軍基地の英会話の先生はどんな方?

横田基地の英会話レッスンの先生は、基本的にアメリカ軍人の方の奥様方になります。

奥様方ですが、中にはアメリカの小学校で先生をしていた方や、外国語を教える資格を持っている方がいたりしますが、資格を持っているかたばかりではありません。
専業主婦の方がいたり、レストランで働いている方がいたり、また、先生自身が軍人の方もいます。ユニフォーム姿でお迎えに来られるとやっぱりかっこいいですよ。

先生自身が日常生活をしている時に話している日常の英会話を、生徒さんを家に招いて教えています。
まさに、実際に使う英会話を教えてくれます。

先生達の個性はそれぞれあり、いつもテンションの高い方、おっとりしている方、ハグが大好きな方、早口の方などなど様々ですが、暗い方や無口な方、怖い方などはいませんので、安心してください。

基本的には担任制になりますので、同じ先生で毎週レッスンをしますが、軍の方なので別の基地への異動(転勤)により新しい先生になることもあります。
先生の変更は淋しさもあるのですが、いろいろな先生と出会い、たくさんの方の英語が聞こえるようになれば、海外旅行や仕事、必ず今後の役に立っていきます。

そもそも米軍・横田基地ってどんなところ?

横田基地は、東京都多摩地域(福生市、瑞穂町、武蔵村山市、羽村市、立川市、昭島市)にあります。その中でも福生市が半分くらい占めています。

横田基地内には、アメリカ空軍が所属していて、Yokota Air Base と言います。
また、横田基地は在日米軍の総司令部とも言われています。

アメリカ大統領や副大統領が日本に来るときは、横田基地に降り立つため、基地周辺の警備が厳重になります。
空軍の基地なので、飛行機が離着陸するための滑走路があるので、総面積は7.136km2ととにかく広いです。

軍属の方は、横田基地の中だけで生活できるくらい、いろいろな施設がそろっています。
一戸建てやマンション、アパートなどの住宅地はもちろん、学校、ショッピングセンター、病院、映画館、スポーツジム、アメリカのレストラン等など何でも揃っているので、アメリカの小さな街のような感じです。

お店にある食材や品物はアメリカ本土から輸送してくるので、軍属の方はアメリカの物が手に入るので、ストレスは少ないようです。

基地内は広いため、車社会になっていて、みなさん右ハンドルの日本車に乗っています。走行も日本と同じ左側通行です。
車のナンバープレート(英語ではLicense plate)は、「Yナンバー」になっていて、軽自動車の「Aナンバー」、輸入車の「Eナンバー」もたまに見かけます。

当然、基地の中は英語が使われていて、日本にいながら日本語が必要ない場所です。

横田基地に手紙や荷物を送るときの住所は、郵便番号がカリフォルニア州地域と同じなので、カリフォルニア州に属していると言われていますが、
「東京都福生市米軍横田基地内」 と書いて出します。

米軍基地へはどうやって入るの?

米軍基地はアメリカ軍の基地になるので、自由に出入りができるわけではありません。

基地在住の方(IDを持っている方)に、連れて入ってもらう形です。

軍の施設なので、警備体制は厳しく、入場の際はパスポートや運転免許証もしくはマイナンバーカードなどの顔写真付きの身分証明書が必要になります。
また、運転免許証の場合は暗証(登録)番号8桁も必要になります。

入場の際は、毎回、許可証を発行してもらうのですが、その際に指紋を取られます。

スポンサー(基地の方)の方と一緒に入り、自由に行動できるわけではなく、常に一緒に行動しなければなりません。

基地の中は安全なのか?との質問もありますが、部外者が入れないように警備をしてますので、基地の外より安全だとも言われています。

米軍横田基地のイベント

横田基地内での軍属やその家族の方のイベントはたくさんありますが、一般の方向けのイベントもあります。

一般開放される最も有名なのが、日米友好祭(フレンドシップフェスティバル)です。
8月か9月の土、日の2日間行われていて、毎年10万人以上の方が来場されています。

滑走路には飛行機が並んでいて、写真を撮ったり、中に入ったりもできるので、長蛇の列ができています。
また、ショーがあったり、アメリカンなカップケーキやアップルパイが売っているお店や、アメリカンステーキが販売されているお店など、出店がたくさん出ています。

桜が咲く春には、基地内のさくら通りと言われるところが一般開放します。
道路の両端に桜がずらっと並んでいて、まさに”さくら通り”って感じに桜の花びらも舞っています。
まだまだ認知度も低いせいか一般の方はそんなに多くないです。

他に一般開放のイベントではなく、1月に基地の中を走る「フロストバイトロードレース」と言われるマラソン大会があります。
ハーフマラソンと5キロ、そしてキッズの2キロとあるのですが、基地内やまた滑走路が走れるとの事もあり、大人気でエントリー開始後すぐに定員(1万人くらい)がいっぱいになっています。
準備体操にズンバを踊ったり、出店も少し出ていたり、また参加賞のトレーナーが大人気で、これ目当ての参加者もいるそうです。

これと同様で、6月には横田駅伝というランニングイベントがあります。
一般の方が入れるイベントはこれくらいしかないので、初めての方は感動しています。

日本の米軍基地について

日本には、Army(陸軍)・Navy(海軍)・Air Force(空軍)・Marines(海兵隊)・Coast Guard(沿岸警備隊)の合衆国五軍全てが展開しています。

・在日米陸軍(US Army Japan, USARJ)は、キャンプ座間(神奈川県)

・在日米海軍(US Naval Force Japan, USNFJ)は、横須賀海軍施設(神奈川県)、岩国基地(山口県)、佐世保基地(長崎県)

・在日米空軍(US Air Force Japan, USAFJ)は、横田基地(東京都)、嘉手納基地(沖縄県)、三沢基地(青森県)

・在日米海兵隊(US Marines Japan)は、キャンプパドラー(沖縄県)など

・沿岸警備隊極東支部(U.S. Coast Guard Activities Far East)は、横田基地(東京都)

Follow me!

ラ・ガーデイア英会話スクールには!

東京都:福生、昭島、立川、羽村、青梅、あきる野、瑞穂、八王子、日野、国立、国分寺、小平、東大和、武蔵村山、町田、東久留米、多摩、東村山、23区内

埼玉県:入間、狭山、飯能、所沢、日高、鶴ヶ島、川越、坂戸 etc

様々な地域から通っていただいております。
英会話がはじめて、初心者の方からもたくさん通っていただいています。