チャンツとは

チャンツchantsとは、英語を一定のリズムに乗せて言ってみることで、歌でいうとラップのような感じになります。
一番イメージしやすいのは、数年前に流行ったピコ太郎さんの「PPAP(ペンパイナッポーアッポーペン)」です。
これをチャンツと呼ぶかはわからないですが、一度聞いたら頭から離れないようにするのが、チャンツレッスの狙いのひとつになります。
発音やイントネーションを鍛えるための学習方法として、日本ではもちろん、実際に海外でも子供達が英語を学ぶときに行われています。

チャンツの効果

  • リズムにのって英文を言う事によって、発音が良くなる。
  • 同じ英語のフレーズを何回も言うことによって、日常会話で使う英語のフレーズがそのまま覚えられる。
  • リズムに乗ってのシャドーイングなので、英語の勉強をしている感じもなく、自然と英語を口ずさむようになる。

英語がなかなか通じない方

英語を話す時、一語、一語、話す方もいますが、流れで話した方が英語っぽく聞こえます。
How are you? を、ハウ アー ユー? というより、ハワーユー?と言うように、流れで英語が言えた方がネイティブが話す英語に近いですよね。

Not at all. は、どうやって言いますか?
ノット アット オール よりかは、ナラロー と言った方が、より英語っぽく聞こえます。

ピコ太郎さんの「PPAP」をみてみても、
pen pineapple apple pen ですが、ペン パイナップル アップル ペン とは言わずに
ペンパイナッポーアッポーペン と英語っぽくみんな言ってますよね。

発音が悪くて通じないと思っている方もいらっしゃいますが、実は発音の問題だけでなく、英語のリズムがつかめていないという事もよくあることです。

チャンツのレッスンを受けることによって、いろいろな英語のフレーズを覚えつつ、英語を流れで言えるようになり、英語をより英語っぽく話せるようになっていきましょう。

英語を話せるようになるには・・・

英語を話せるようになるには英語を話さないとです。
ただ、日本人は圧倒的に英語を話す量が少ないと言われています。
考えればわかる文章でも、とっさには出てこない方が多いですよね。
といっても、英語を一人で話す事もできないので、
このチャンツレッスンを通じて、半強制的に(笑)みんなで英語を言っていきましょう。。
エクササイズのように、英語をひたすらリズムに合わせて言う!
これがチャンツレッスンです!
ただ、このチャンツのレッスンはマイクはオフにしますので、他の方に聞かれる心配はありませんので、安心して下さい。
自宅でノリノリになりながら、レッスンを受けてみましょう!

チャンツレッスンの流れ

事前にZoomのインストール

パソコン、タブレット、スマートフォンどれでも大丈夫です。(アカウント作成(サインアップ)は必要ないです。)

STEP
1

事前にスクールからミーティングIDとパスワードを送信

レッスン毎に違いますので、参加希望者はその都度連絡ください。

STEP
2

当日、時間になったら開始

Zoomを開いて、「ミーティングに参加」をクリックして、スクールから送られてきたID、その後パスワードを入力して開始になります。

STEP
3

ラ・ガーデイア英会話スクールには!

東京都:福生、昭島、立川、羽村、青梅、あきる野、瑞穂、八王子、日野、国立、国分寺、小平、東大和、武蔵村山、町田、東久留米、多摩、東村山、23区内

埼玉県:入間、狭山、飯能、所沢、日高、鶴ヶ島、川越、坂戸 etc

様々な地域から通っていただいております。
英会話がはじめて、初心者の方からもたくさん通っていただいています。